劇作ひろばについて

「劇作ひろばでは、教本を使い、ゲーム感覚で「台本を書く」ということに触れていきます。
自分で書いてみることで、他の戯曲を読んだ時に、その作者がどんな気持ちで書いたのか、

このシーンに込めた思いは何か?を掴みやすくなります。

また、書いた作品は定期的に演劇ひろばで読みます。

自分の書いた作品が動き出す瞬間を味わうことができます。」